ELECTRIC LOCOMOTIVE EF58
EF5861 2003

Last Update 2007.7.11

こちらのページでは2003年に入ってからの61の活躍を紹介していきたいと思います。画像をクリックすると大きなものが表示されます。

なお、この年の3月にロクイチ引退説が流れ、動向が心配されましたが6月2日の毎日新聞に以下の記事が掲載され一安心。この辺の流れは掲示板の過去ログを参照ください。

<お召し列車>機関車の存続決まる 50歳なお現役
 天皇、皇后両陛下が地方を訪問する際に使用する「お召し列車」をけん引してきた機関車が今夏、50歳を迎える。通常30年前後で廃車となるが、戦後の復興期、昭和天皇が全国各地を訪ねた時に使った由緒あるこの機関車だけは別格だ。JR東日本は「歴史的、文化的価値が高い。安全性を最優先に可能な限り現役で活躍させたい」と存続させる方針を決めた。

 終戦直後の電化計画に伴い、輸送力増強を目的に製造された「EF58形」で、旧国鉄が日立製作所に特別発注し、1953年7月5日に完成した。周囲をステンレスの帯で装飾したデザインで、揺れが少ない構造。暖房用の蒸気が出るほか、電話もあり、当時の鉄道技術の粋を集めた特殊装備が施されている。

 昭和天皇を乗せて走った距離は285万7512キロ。平成になってからは、天皇陛下が96年、ベルギー国王夫妻らとともに栃木県・小山―足利間を往復、00年にはノルウェー国王らとともに東京―北鎌倉間で使うなど、半世紀で計約290万5000キロを走破した。

 現在は東京都北区のJR東日本田端運転所にあり、要請があればいつでも運行できるよう整備されている。6年に1度、台車から機関車本体の細部まですべて解体し、約6カ月間かけて総点検する。

 鉄道ファンから「一部で老朽化が進み、電気配線が傷んでいるのでは」と心配する声があるが、JR東日本は「不具合があれば技術陣を総動員して新しい部品を作り、両陛下が快適にお乗りになれるよう万全の整備を行う。将来は鉄道博物館に永久保存することになる」と話している。【斎藤正利】(毎日新聞 2003.6.2)

 2003年
ef5852-20030111 2年ぶりにロクイチと「ばんえつ客車」の組み合わせが実現。一昨年と同じく上野〜高崎間をロクイチが3日間牽引を担当しました。これは初日です。

撮影:EF5852さん 9733レ「EL&SLみなかみ物語」  大宮―宮原 2003.1.11
20030111 同じく初日。この日、天気予報では「朝のうち雪」なんてのもあり、期待して仕事前にこの場所に来ましたが…結果はご覧の通り。すっかり晴れてしまいました。(^^;)
9733レ「EL&SLみなかみ物語」  大宮―宮原 2003.1.11
timebokan-20030111 到着ホームからのバルブ撮影も、なかなか味がありますね。
撮影:タイム母艦さん  9738レ「EL&SLみなかみ物語」  吹上 2003.1.11
ef5852-20030112 こちらは2日目です。この日も天気は快晴。
撮影:EF5852さん  9733レ「EL&SLみなかみ物語」  赤羽―浦和 2003.1.12
20030112a 同じく2日目。一点の雲もなく晴れ上がった冬空の中、ロクイチが矢のように駆けて行く…。ロクイチとばんえつ客車の組み合わせもベストマッチ。本線を行くロクイチはやっぱり良いですねぇ。
9733レ「EL&SLみなかみ物語」  岡部―本庄 2003.1.12
timebokan-20030112 同じく2日目。輝くナンバープレートとヒゲが印象的です。この「奥利根」スジは晴れの日の撮影はみなさん苦労していますね。(^^;)
撮影:タイム母艦さん  9733レ「EL&SLみなかみ物語」  神保原―新町 2003.1.12
20030112d 2日目の返し。いつも通り?吹上の長時間停車でバルブ。この日は約50名がここで同列車を待ち受けました。一昨年は上り方が1エンドでしたが今回はこちらが2エンド。鼻筋の通った2エンド側の顔は惚れ惚れします。(^^)
9738レ「EL&SLみなかみ物語」  吹上 2003.1.12
packman-20030112b このスジの定番となった上野駅7番線に到着したロクイチ&ばんえつ客車。ロクイチ入線時には手前の6番線に宇都宮線の中電が停車しているので、撮影チャンスは発車までの7分ほど。
撮影:パックマンさん  9738レ「EL&SLみなかみ物語」  上野 2003.1.12
timebokan-20030113 3日目。青空を貫く矢のように駆けるロクイチ&ばんえつ客車。今回の運転はご覧の様に3日間とも好天に恵まれました。(1日ぐらい曇りがあった方が嬉しかったかも?)
撮影:タイム母艦さん  9733レ「EL&SLみなかみ物語」  神保原―新町 2003.1.13
20030113a 3日目。この日は寝坊したので私はこのカットのみ。この日はラッキーなことに手前の普電発車後もしばらく前燈を付けていて下さいました。
9738レ「EL&SLみなかみ物語」  上野 2003.1.13
packman-20030530 6月1日の宇都宮運転所の展示に先駆けて、61号機と次無動のEF8195号機との重単が田端操〜宇都宮間で運転されました。品川〜尾久間の回送を除くと実に5ヶ月ぶりの本線走行。
撮影:パックマンさん  配9595レ  雀宮―宇都宮 2003.5.30
packman-20030601 宇都宮運転所での展示は残念ながらパンタを下げた状態でしたが、キハ58国鉄色やキハ40首都圏色との並びが実現しました。
撮影:パックマンさん  宇都宮運転所 2003.6.1
packman-20030602 翌、2日には同所からの回送が5/30と同様、61先頭でEF8195号機との重単で行われました。
撮影:パックマンさん  配9590レ  宇都宮―雀宮 2003.6.2
ef5852-20030602 朝の東北本線を上る61号機とEF8195号機。
撮影:EF5852さん  配9590レ  古賀―栗橋 2003.6.2
20030602 この日は天気も良く、また、宇都宮発8時台と言うこともあってか平日にも関わらず沿線には多くのファンの姿が見受けられました。私はこの後お仕事へ…。(^_^;)

なお、この日の毎日新聞に「<お召し列車>機関車の存続決まる」の記事が掲載。JR東日本は「歴史的、文化的価値が高い。安全性を最優先に可能な限り現役で活躍させたい」と存続させる方針を決めた。とありました。
配9590レ  栗橋―東鷲宮 2003.6.2
packman-20030607a 宇都宮返却から5日後には61号機牽引による24系×5+夢空間×2の計7連による団臨が上野から常磐・武蔵野経由で逗子まで運転されました。
撮影:パックマンさん  9717レ  鶴見―横浜 2003.6.7
packman-20030607b 営業列車でブルトレ編成をロクイチが牽くのも久々でしょうか?屋根の高い寝台編成の先頭に立つロクイチは、また魅力的です。
撮影:パックマンさん(の奥方)  9717レ  鶴見―横浜 2003.6.7
hide-20030607a 新緑に映える北鎌倉駅に進入するロクイチ。う〜ん…、やっぱり良いですねぇ。
撮影:hideさん  9717レ  北鎌倉 2003.6.7
20030607a 鎌倉〜逗子の直線を行く61号機。この場所は背景が少々うるさいのが難点ですね。北鎌倉駅進入は被りそうだったのでここにしたのですが、結局大丈夫だったそうで…。個人的には61はヘッドマーク無しの姿が好みなんですが…。
9717レ  鎌倉―逗子 2003.6.7
20030607b 61号機が久々に客レの先頭に立ったこともあってか、この場所を含めて沿線はどこもファンでいっぱいでした。
9717レ  鎌倉―逗子 2003.6.7
20030607d 逗子駅側線で機回しを待つロクイチ。折り返しまで3時間半と言うこともあってか、ここはもの凄いファンの数でした。当日50mmまでしか持ってなかったので編成が入りきらず、パノラマ写真風に2枚の写真をつないでみました。(^^;)
逗子 2003.6.7
20030607f 50系改造のマニ24と61号機の組み合わせも新鮮。14系座席車の引退や客車ジョイフルトレインの激減で、今後、こうした取り合わせが多くなるのかもしれません。
逗子 2003.6.7
hide-20030607b 逗子駅構内で顔を合わせるロクイチと夢空間。この組み合わせが見られるのは今度はいつになるでしょう…。
撮影:hideさん   逗子 2003.6.7
hide-20030607c まさにこれから夢空間に連結…と言ったところでしょうか。ここはもの凄い人出だったそうで…。(^^;)ヘッドマーク無しのロクイチの顔(特に2エンド側)には惚れ惚れします。
撮影:hideさん   逗子 2003.6.7
20030607g 日没間際の東海道(横須賀線)を駆け抜ける。無理な体勢だったうえにファインダーに浮かぶロクイチに思わず見とれてシャッターを切るのが遅れてしまい、編成後ろが切れてしまいました。やはり普段から撮ってないといざというとき駄目ですねぇ…。(T_T)
回9716レ  大船―戸塚 2003.6.7
ef5852-20030803 横須賀開国祭に今年も61号機と旧客が展示されました。今回は最近お召機コンビとして駆り出される事の多いDD51842も展示され、返却回送は61号機が牽引すると言う豪華なものに。
「昨年に続いて開催された横須賀イベントですが、今年も回送は夜間でした。是非とも日中の走行シーンを捕えたい被写体です。」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  配9735レ  大宮 2003.8.3
ef5852-20030804 これは翌日の高崎からの単機回送シーンです。最近、こうした単回シーンが多いロクイチですが、やはり客車を牽く姿を見たいですねぇ。
「清々しい朝陽を浴びて、単機ながら颯爽と走り抜けていきました。」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  単9736レ  神保原―新庄 2003.8.4
ef5852-20031101 11月1日〜3日、上野〜横川に「EF55・EF58碓氷号」が運転され、久々に本線を客車を牽いて走るロクイチの姿を拝む事ができました。営業は往路のみで、往路の上野〜高崎、復路の横川〜上野をロクイチが牽き、往路の高崎〜横川をEF55が牽引しました。復路の信越線内はEF55が逆向きの為、超スロー運転でした。
「高崎線内では曇りでしたが、信越線内は綺麗に晴れてくれました。」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  回9334レ  西松井田―松井田 2003.11.1
ef5852-20031101b 高崎でEF55を切り落とし、単機で高崎線を駆け抜ける61号機。
「当初、今回の高崎線上り回送の光線状態が良さそうだと期待していたのですが、いまいち列車前面まで陽が回り込んでくれませんでした…」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  回9334レ  本庄―岡部 2003.11.1
packman-20031101 今回の返しは高崎線内をほぼ試6992レのスジで運転され、陽の短いこの時期でも走行写真を撮ることができました。
撮影:パックマンさん  回9334レ  岡部―深谷 2003.11.1
ef5852-20031102 二日目の回送です。こうして連日ロクイチが運用に充当されるのは今年初めの「みなかみ物語」以来ですね。
「2日目は横川―西松井田のSカーブで撮影する予定でしたが、周辺道路の行楽渋滞で断念せざるを得ませんでした。結局、前日とほぼ同じ場所からレンズを変えて狙いました…。」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  回9334レ  西松井田―松井田 2003.11.2
20031102 今回、私はこれが初カット。(^^;) 久々のロクイチ客レと言うことで、結構な人出を予想していたのですが、3日間と言うこともあってか思ったよりもファンの数は少なかったですね。
回9334レ  岡部―深谷 2003.11.2
20031102b 何でもない普通の12系の姿も今や貴重に…。回送の為、スハフの電源も回っておらず昔ながらの客レの雰囲気を久々に味わえました。
回9334レ  岡部―深谷 2003.11.2
20031103a2 三日目の下りです。今にも降り出しそうな天気の中、一路高崎を目指す61号機。念願の曇りでしたが、もう少し明るければ…。
9335レ「EF58・55碓氷号」  神保原―新町 2003.11.3
20031103b 信越線内はこのようにEF55が先頭に立ち、ロクイチはぶら下がり。この日は高崎線のトラブルで15分ほど遅れて通過して行きました。
9335レ「EF58・55碓氷号」 安中―磯部 2003.11.3
20031103c 天気予報ではこの日は昼から雨…となっていましたが、この辺りではご覧のように時折陽が差す陽気。高崎以南では既に雨模様だったそうで…。
回9336レ  横川―西松井田 2003.11.3
20031103d2 同じく信越線をゆっくりと走る61号機。その速度は自転車でも追いつける位でした。高崎が近くなるにつれ、天気も一気に下り坂に…。最終日の回送は高崎まで。その後ロクイチは単機で品川まで戻りました。
回9336レ  安中―群馬八幡 2003.11.3
20031123a 11月初旬の「碓氷号」に引き続き、11月22日から24日の3日間、「EF58・55奥利根号」を牽引し、ふつうの12系の先頭に立つ61号機を連日見ることができました。これは2日目です。スハフ12から立ち上る排煙が一見SG風?
9733レ「EF58・55奥利根号」  大宮 2003.11.23
ef5852-20031123 いつもは多くのファンでごった返す吹上バルブですが、今回はそれほどでは無かったようです。ふつうの12系との組み合わせはやっぱり良いモンですね。
撮影:EF5852さん  9738レ「EF58・55奥利根号」  吹上 2003.11.23
packman-20031123 「奥利根」定番の上野駅7番線に到着した61と12系。
撮影:パックマンさん  回9738レ「EF58・55奥利根号」  上野 2003.11.23
packman-20031124 3日目。この日は朝から関東近辺は曇り空。宮原のカーブを行くロクイチ。
撮影:パックマンさん  9733レ「EF58・55奥利根号」  大宮―宮原 2003.11.24

「確かEF6437が茶色になってから初めてゆとりを牽いたときだったように記憶しています。詳しいことはもうあまり覚えていませんが、珍しくも下りはEF6437先頭で、ロクイチがぶら下がりというPP。根府川往復だったような。。(記憶が確かであれば、ですが。。)」(単回もなかなかさん)
撮影:単回もなかなかさん    品川 2003.11.29
ef5852-20031214a 昨年の日光線旧客から丁度1年後、今度は上野〜尾久間でD51498とPPで運転された「EF58 あヽ上野駅号」。ただ、あくまでメインはD51と言うことで61号機は脇役だったようです。
「D51―498が上野に入線するのはオリエント急行以来ということで注目を集めました。しかし、私はこの61号機単回メインの撮影だったのでD51は背中で見送りました。たぶん一般の人には理解できないでしょうね。(笑)」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  単9831レ「EF58 あヽ上野駅号」  鶯谷―日暮里 2003.12.14
ef5852-20031214b ジョイフルトレインや14系座席車の引退で、今後、61号機登場の機会は旧客との組み合わせが多くなりそうですね。(嬉しいような寂しいような…)
「ステンレス車体の新型電車とEF58牽引の旧型客車がなんともミスマッチですね。(笑)」(EF5852さん)
撮影:EF5852さん  推回9823レ「EF58 あヽ上野駅号」  鶯谷―日暮里 2003.12.14
tankai-20031228 2001年から年末恒例となってい浪漫を使用した「奥利根」もこの年が最後になってしまうのでしょうか…。サイド光に輝くロクイチの足回りと浪漫が美しいですね〜。
撮影:単回もなかなかさん  9733レ「EL&SL浪漫号」  川口 2003.12.28

EF58 Top Page Back ●EF5861 1994〜1995 ●EF5861 1996〜1998 ●EF5861 1999 ●EF5861 2000 ●EF5861 2001 ●EF5861 2002 
●EF5861 2004 ●EF5861 2005 ●EF5861 2006 ●EF5861 2007 ●EF5861 2008 ●EF5889 ●EF58122 ●EF58150 ●EF58157