ELECTRIC LOCOMOTIVE EF58
形態バリエーション(上越型)

Last Update 2000.2.12

上越線とEF58との関係は古く、流線型の新EF58が初めて配置されたのも高崎と長岡の2区でした。この2区に配置されたゴハチには冬季の使用に備えてつらら切り、汽笛カバーが取り付けられました。また、昭和35年から標識灯掛けが前端バリ上のステー状のものに交換されています。その後、原型の可動式雪かき器が保守に手間取ることや昭和47年より始められた電暖改造の際、雪かき器が電暖のジャンパや20系客車の牽引に支障する事が分かり、小型の固定式のものに交換されることになりました。また、同時に誘導握り棒の取り付け位置の変更も行われ、特徴ある上越型が誕生しました。同タイプの総数は27両でした。なお、積雪地域を走行するゴハチのエアフィルタは雪の目詰まりを懸念して原型の鎧戸タイプとなっていました。説明の色の付いたところをクリックすると詳細が見られます。イラストをクリックすると大きなものが表示されます。

 EF58 35〔長岡(転)〕側窓変形 P型機
流線型EF58の第1号機で側窓変形機。上越型の最若番。 写真を見る

特徴:
記念すべき新EF58の製造第1号機で36号機と共に旧EF58の車体に流線型の運転室を溶接して誕生した変形機。側窓変形が有名ですが、それ以外にも様々な特徴があります。
屋根上の主抵抗器室カバーが1・2位側共同じ大きさでモニタールーフの大きさも標準よりも若干小さくなっています。側扉は旧EF58型の正面扉、枕バリの端面形状は東芝製EF58,EF15の標準の逆台形ではなく旧EF58の四角いタイプです。前端バリは元々旧EF58の幅狭のものでしたが、雪かき器の固定化に際し標準の物に交換されています。側扉下側には手掛けが付けられています。側扉横の手すりは昭和47年の御召し予備機整備に伴い短縮されていますが、他の短いタイプよりさらに短いもの。また、前面に国旗掲揚装置の取り付けボルトが残っています。前灯のケースはLP402型用に大型化され、そのすぐ後ろに避雷器が置かれているのが独特です。運転室側窓、及び開閉可能な機械室側窓はアルミサッシ化され、窓枠の太い独特の形状になっており、サイドの印象も36号機とは少々異なっています。前端バリに移設された標識灯掛けは下部がテーパー状に太くなったタイプ、電暖表示灯は後期の電球を内側から交換するタイプ、ワイパーは機関士側がWP50、助士側が原形のKW3Dです。20系「北陸」牽引のため、昭和50年にP型化されています。それにしても、車体長は他機と変わらないのに、この窓配置だと車体がより長く見えるから不思議です。

 EF58 59〔高崎第二〕更新改造
ユニークな上向きのつらら切り。上越型の更新改造機。 写真を見る

特徴:
上向きのつらら切りが独特の表情です。汽笛カバーはわずか4両という貴重な(?)小型のタイプです。(他に49,50,51)電暖改造にP型改造でとてもにぎやかな前端バリです。前面窓は黒Hゴムに雪国らしくデフロスタを装備。(上越型前面)電暖は暖地型とはジャンパ栓の取り付け位置が若干異なります。雪かき器の固定化で誘導踏み段も前端バリに取り付けられましたが、改装機とは異なる2段式のものです。側面を見ると誘導握り棒の移設が目立ちます。本機は昭和28年の新製配置から昭和38年まで東京区に所属し、青大将塗装で「つばめ」「はと」も牽引しました。その際に取り付けられたHM取付座が上越型としては珍しいです。高崎第二区に転属後、大窓の小窓化を経て昭和45年にはHゴム窓に改造されています。枕バリの端面形状は東芝標準の逆台形です。上越型の側面エアフィルタは雪の目詰まりを防止する目的で、原型のよろい戸タイプのままとなっています。側扉横の昇降手すりは原形の長いもの。電暖表示灯は初期の外側から電球を交換するタイプです。昭和48年に大宮工場にて更新改造が行われ、標識灯が新型電機に見られる外蓋式の大型の物に、ワイパーも左右ともWP50、側扉もFRP製の物になっています。上越型に更新改造はなかなか似合っています。

 EF58 110〔長岡(転)〕P型機
20系「北陸」を牽いた上越のP型機 写真を見る

特徴:
水平のつらら切りに大型の汽笛カバーと小型の雪かき器姿が精悍です。上越型は同じEF58でも東海道筋の物とは全く違う魅力を備えています。本機も電暖改造にP型改造が行われています。パンタは新製時からPS15。枕バリの端面形状は川崎車輌・川崎重工製の標準の逆台形です。側面エアフィルタは当然原型です。側扉は下側に手掛けが付けられています。側扉横の手すりは登場時より短いタイプ。電暖表示灯は後期の電球を内側から交換するタイプです。

 EF58 131〔高崎第二〕
標準的な上越型の131号機。 写真を見る

特徴:
下向きのつらら切りに大型の汽笛カバー、上越型特有の小型の雪かき器が精悍です。
同機は第11次増備車にあたり、屋根上のモニタールーフの小窓がHゴム支持となっています。パンタはPS15。枕バリの端面形状は日本車輌・富士電機製EF58,EF15の標準の逆台形です。側面エアフィルタは原型です。側扉の下側には改造で開閉用の手掛けが付けられています。側扉横の手すりは登場時より短いタイプ。電暖表示灯は初期の電球を外側から交換するタイプとなっていました。本機のように上越型の一部のものは前灯と避雷器の間に常磐線列車無線を装備しています。

 EF58 175〔高崎第二〕SG時代
電暖改造前の上越型、ラストナンバー175号機 写真を見る(撮影:T.Fさん)

特徴:
上越型は昭和47年から50年までに全機が電暖化されていますが、それまでは一般機と同じくSG(蒸気発生装置)を使用していました。電暖改造前は比較的すっきりとした前面周りですが、それでも固定式雪かき器取付ステイなどたくましい印象です。電暖機とは水タンクの蓋、避雷器の位置など屋根上も色々異なっています(と言うよりこちらが原型)。パンタはPS15。同機は三菱電機・新三菱重工製で枕バリの端面形状は逆台形ですが、飾り帯のつなぎ目は日立製と同じく直線タイプとなっています。側面エアフィルタは原型で、側扉の手掛けが取付けられています。なお、同機はEF58新製最終グループですが、三菱電機・新三菱重工ではHゴム窓機を製造していなかったためかパテ式の前面窓、機械室中央窓で落成しています。この段階では同機のワイパーは機関士側がKW3D、助士側が原形のKW3Dの腕折れ式となっています。



Back ●大窓機 ●60・61号機 ●原形小窓機 ●Hゴム窓機 ●塗装バリエーション