ELECTRIC LOCOMOTIVE EF15  Vol.7
EF15 55〜63

Last Update 2016.5.19

Index EF1555 EF1556 EF1557 EF1558 EF1559 EF1560 EF1561 EF1562 EF1563

 第5次形(55〜63号機)

昭和28年2月〜7月に製造されたグループ。落成時は全機プレート式先輪を装備していました。
日立製のつらら切りは本ロットも大形で丸みが強い独特な形になっています。また、正面ナンバープレートの取付位置が左に寄っていて、連結器解放テコが3次形以降の同社の特徴の幅広です。
三菱製の59〜63は引き続き先輪の担いバネと動輪の釣り合い梁を結ぶバネ吊りリンクが丸棒で、それに連結する釣り合い梁も独特の形状となった三菱式です。
川崎製の正面ナンバープレート取付位置は上寄り、三菱製は本ロットから高さは日立製と同様の位置に変更されています。
前燈取付台座は62号機が2枚板の飛び出したタイプ、57号機がおそらくLP42用、他はステー式となっています。

※印…主な特徴です。画像をクリックすると大きなものが表示されます。

 EF15 55〔新鶴見→高崎第二〕
ef5853-EF1555 「南武支線、鶴見線の17m国電を撮りに行った時のものです。列車番号は調べれば推定は出来ると思いますが・・・(やっていない) このカマはこの後[高二]に転属してからは、高二のEF15の運用区間に行く度に必ずやってくる因縁のカマになりました。(全てぶっつけ本番でしたから)」(EF5853さん)
本機のつらら切りは日立独自の大形です。つらら切りに汽笛カバーにデフロスタと準寒地形と言えそうですが、かつて長岡区にいた際に取付られた物でしょう。
 
※前燈大 汽笛カバー デフロスタ 正面ナンバープレート左寄り 連結器解放テコ幅広
撮影:EF5853さん  浜川崎 1977.3.14
製造年月日:S28.2.10
製造:日立製作所
廃車:S55.2.2
ohno-ef1555 屋根上の機器配置が良く分かるアングル。模型制作には必需ですね。本機は1977年6月に新鶴見区から高崎第二区に転属しています。この写真は転属直後の姿ですね。 なお、日立の楕円の銘板は本機までです。
撮影:ohnoさん  新鶴見機関区 1977.7.7
 EF15 56〔東新潟〕
ohno-ef1556 東新潟区で休車中の姿ですね。同機の汽笛カバーは東新潟タイプではなく、上越形の大きなタイプです。なお、同機の正面ナンバープレートは川崎製ながら標準的な位置となっています。
 
※寒地形 FRP製正面扉
撮影:ohnoさん  東新潟機関区 1979.2.19
製造年月日:S28.4.8
製造:川崎車輌・川崎重工
廃車:S54.4.21
信越線の貨物を牽き、上越線との分岐点付近を行く生きた56号機。こちら側は2エンドですね。本機のワイパーは上の写真を見てもお分かりの通り廃車時まで左右とも原形のKW3Dだったようです。
撮影:佐々木さん  宮内付近(宮内―前川)  1978年?
 EF15 57〔新鶴見→高崎第二〕
nanakubo-EF1557 同機は昭和52年10月に新鶴見から高崎第二に転属しており、多分その頃の姿ではないかと思います。スノウプロウの無い姿にデフロスタと汽笛カバーがなんとも言えないですね。つらら切りは中形です。
 
※デフロスタ 汽笛カバー 排障器前端バリ取付 前燈大 正面ナンバープレート上寄り
撮影:S.HiramatsuさんPassenger Cars Room  北本? 1979
製造年月日:S28.4.15
製造:川崎車輌・川崎重工
廃車:S55.7.12
ohno-ef1557 これは新鶴見時代の姿です。同機が新鶴見に配置されたのは昭和51年10月からわずか1年ほどです。
「久々に高島線でも撮るかと思い、鶴見線の国道駅経由で鶴見の跨線橋(EF1557号機撮影地)までぶらっと歩いてみたのですが、多少撮りづらくはなっていたものの、背景にマンションガ多くなっただけで、雰囲気は変わっておらず安心しました。残念ながら時間が少なかったため貨物列車は来ませんでしたが、充分また来ようと言う気にさせてくれました。今でもEF13・15が来そうな…」(ohnoさん)
撮影:ohnoさん  入江―鶴見 1977.5.7
BIN-EF1557 同じく新鶴見時代の姿で1エンド側です。その前は昭和48年10月から東新潟区所属でしたが、汽笛カバーは東新潟タイプではなく上越形の標準スタイルとなっています。これは本機の汽笛カバー取付は東新潟区ではなく、昭和48年12月の大宮工場での臨検時にデフロスタ、雪かき器と共に取付が行われた為と思われます。本機はこの写真の後、10月に高崎第二区に転属しています。
撮影:BINさん  279レ  入江 1977.7.4
BIN-EF1557
高崎第二区に転属後の姿でこちらは2エンド側です。見た目は新鶴見時代と変わりありません。
撮影:BINさん  266レ  入江 1978.12.26
 EF15 58〔竜華〕
6348-EF1558 EF15では白Hゴムの前面窓は意外と珍しかったです。同機のつらら切りは中形ですね。
「この日のお目当てはキハ81(でしたっけ。ボンネットの)「くろしお」でした。みごとにかぶって結局天王寺まで追いかけることになりましたが。なつかしい。」(6348レさん)
 
※排障器前端バリ取付 シールドビーム2燈 正面ナンバープレート上寄り 2エンドL側通風口位置変形
撮影:6348レさん  山中渓 1977.8.23
製造年月日:S28.4.28
製造:川崎車輌・川崎重工
廃車:S60.11.19      
shinohara-EF1558 こちらは篠原さん撮影の58号機晩年の姿です。前灯がシールドビーム2灯化されていますが、他は排障器も含め変わりありませんね。プレート式ナンバーにPS14AのEF15はやはり良いですね。
撮影:篠原さん  吹田機関区 1985.8.24〜8.25
timebokan-EF1558 タイム母艦さん撮影の南海甲種(東急車輛製の6200系6両+8200系2両)を牽引する同機です。 2エンドL側通風口(この写真の向かって左側)の取付位置が標準位置よりかなり左寄りになっているのが分かります。上の写真の1エンドは標準位置になっており、製造当初からのものではなく、後の改造ではないかと思われます。
「この時浅香駅でこの列車を撮ったのは、私とあと同業の方一名だったと思います。当時15ネタは意外に人は集まりませんでした。それほどゴハチが人気あったと言うことでしょうか???」(タイム母艦さん)
撮影:タイム母艦さん  9999レ 浅香 1985.8.8
torakichi-ef1558 竜華機関区の撮影会で展示された同機の2エンド。前照灯も茶色く塗られています。
撮影:とら吉さん  竜華機関区 1985
hokkyoku-ef1558a 阪和線、浅香駅を通過する58号機。機関車次位のヨとグリーンの国鉄コンテナも懐かしい…。こちらは1エンド側ですね。
撮影:北極ぐま閣下さん  浅香 1985年
hokkyoku-ef1558b 現役引退後、吹田機関区で行われた撮影会での一コマ。こちらは2エンド側で、向かって左側の窓下通風口の位置が標準と異なっています。前面窓が白Hゴムと言うこともあってか、随分と窓が大きく見えます。
撮影:北極ぐま閣下さん  吹田機関区 1985.8.24〜8.25
 EF15 59〔高崎第二〕
ef5853-EF1559 なお、同機は三菱製ですがつらら切りは日立製と同じタイプ(全体に丸っこい)ですが小形の様です。汽笛カバーは高崎の大形タイプです。
 
※寒地形
撮影:EF5853さん  591レ  高崎 1979.8.12
製造年月日:S28.6.3
製造:三菱電機・新三菱重工
廃車:S55.4.22
ohno-ef1559 品鶴線多摩川橋梁を単機で渡る59号機。EF15にはやはり大振りのPS14パンタがよく似合いますね。
撮影:ohnoさん  品川―新鶴見 1976.7.21
 EF15 60〔八王子〕
ef5853-EF1560 「今となってはこれも語りぐさ。新宿駅でごく当たり前に見られた風景でした。隣にいるのは499レEF1317[八]です。」(EF5853さん)
八王子区には広島区と並んで前面窓の原形機が数多くいました。なお、同機は三菱製ですがつらら切りは日立製と同じ大形です。
 
※前面窓原形 前燈小
撮影:EF5853さん  新宿 1977.3.14
製造年月日:S28.6
製造:三菱電機・新三菱重工
廃車:S53.12.5
ohno-ef1560 のんびりと多摩川を渡る60号機。長大な貨物の先頭に立つ姿とはまた、違った味があります。ちなみにこの日はEF6458の御召しがあった日で、その1本前に来た貨物だそうです。
撮影:ohnoさん  日野―立川 1978.10.16
 EF15 61〔八王子〕
EF1561 こちらも八王子区で活躍した15のロクイチ…。(^_^;) 前面窓がHゴム未改造ですね。八王子機関区も現在は無くなってしまいました。この頃はEF15やEF13に混じって、ED61(ED62の種車)の姿もありました。
 
※前面窓原形 前燈小
八王子機関区 1977.6.5
製造年月日:S28.6.13
製造:三菱電機・新三菱重工
廃車:S54.9.12      
EF1561 61号機とは相性が良くなく走行写真はこんな物しかありません。上のEF5853さんの列車と同じ八王子の重連運用だと思いますが、EF60502が先頭でした。トホホ。
5472レ(多分…)   西国分寺―国分寺 1979.8
ef5853-EF1561 「いわゆる高尾臨。大学の先輩から時間を聞いて、授業終了後すっとんで行って高尾、八王子で撮ったものです。本当はEF13を期待して行ったのですが・・。今だとすごい有様ですが、このころは他にはだーれもいませんでした。」(EF5853さん)
撮影:EF5853さん  八王子 1978.1.30
ef5853-EF1561+EF60507 「八王子のEF15重連で有名な列車でした。ネガカラーでは15重連は残念ながらありません・・・。EF60重連はなかったように記憶してますがはて・・・・?」(EF5853さん)
撮影:EF5853さん  EF1561[八]+EF60507[八]  5472レ  原宿 1979.6.28
inage-EF1561 この当時八王子区のEF15には、既に珍しくなってきた前面窓の原形機が60,61,62号機と連番で残っていました。
撮影:N.Inageさん  新宿 1978.8
 EF15 62〔八王子〕
EF1562 前面窓が原形ですっきりとした62号機。Hゴム改造のEF15に比べ顔つきがおとなしく見えます。(何となくディテールのない模形みたいで物足りなく感じたりして…^^;) 機関士側ワイパーはWP50に交換されています。62号機の後方の架線柱は何本か木製ですね。この当時、中央線のこの区間にはまだ木製架線柱が残ってました。
 
※前面窓原形 前燈小
上り貨物  西国分寺―国分寺 1980.3.23
製造年月日:S28.7.10
製造:三菱電機・新三菱重工
廃車:S55.12.10
EF1562 新宿駅構内を入れ換え中の62号機のサイドビュー。様々な改造が施された兄弟機EF58に比べ、2次形以降のEF15では前面窓のHゴム支持化以外の目立った改造はあまり行われていませんでした。(シールドビーム改造がありますが…。)(^^;)同機のつらら切りは大形です。このアングルだと良く分かりますね。 なお、先輪の担いバネと動輪の釣り合い梁を結ぶバネ吊りリンクが三菱独特の丸棒なのが確認できます。
新宿 1979.8
EF1562 上の写真と同じ時に撮った物。パンタが切れてしまってますが細部が分かるので掲載しました。前燈取付が帯板2枚になっています。側面のナンバープレートが武蔵野操車場対策で白く塗られているのが分かります。
新宿 1979.8
EF1562 61号機とは反対に62号機とは相性が良く、ちょくちょく出会いました。写真としては今ひとつばかりですが…。2軸のトラを連ねた編成が良い感じです。分かりづらいですが最後尾には操重車がぶら下がってますね。
上り貨物  西国分寺―国分寺 1979.9
EF1562 振り向きざまにもう一枚。この場所は家からチャリンコで良く通った定番撮影地でした。
上り貨物  西国分寺―国分寺 1979.9
EF1562 冬の斜光を浴びながら単機で中央線を下る62号機。上の写真と同じ場所での撮影です。奥の陸橋の先はもう国分寺駅の構内です。この当時は駅周辺やこの辺りも長閑な雰囲気が残ってました。この区間も木製ポールがあちこちに健在でした。
下り単機  国分寺―西国分寺 1980.1
同じ単回です。原形窓のEF15は何だかすっきりし過ぎていて、ディテール不足に感じてしまうのは気のせいでしょうか?
陽の当たらない所には数日前の雪が残っています。手前の線路は廃線になった下河原線 のもの。右奥のカーブしているのは西武国分寺線。
下り単機  国分寺―西国分寺 1980.1
ef5853-EF1562 「上の写真(60号機)の位置から南に歩くと、昼寝中のカマがいたものですが。これ又、原形小窓の美しいカマ。(Hゴム化されても15の場合は58ほどひどくないのが不思議)上を走るのは甲州街道。これも今では想像できない風景になってしまいました。」(EF5853さん)
撮影:EF5853さん  新宿 1977.3.14
ohno-ef1562 雪の中、12系8連の高尾臨の先頭に立つ62号機。12系の先頭に立つEF15も、また良いものですね。
撮影:ohnoさん  高尾 1979.1.31
浜川崎駅構内でパンタを下げて休む62号機。同じEF15でも新鶴見区の物と比べて八王子の物は綺麗な印象でした。

撮影:jm1xsjさん   浜川崎 1979.11.27
 EF15 63〔長岡(転)〕
6348-EF1563 62号機と同じく三菱電機・新三菱重工製の同機ですが、つらら切りは中形です。うーん…。(^^;) 汽笛カバーは長岡タイプの大形です。
「この日のお目当ては181系ときに乗ることでした。」(6348レさん)
 
※寒地形 前燈小
撮影:6348レさん  越後中里 1978.2
製造年月日:S28.7.28
製造:三菱電機・新三菱重工
廃車:S54.9.21

EF15 Toppage Back Next