電気式速度検出装置の付いた第2軸。真横から見ると、車輪の上部は意外とすかすかです。左上部の四角い物が枕梁で、中央部で台車の心皿と繋がっています。手前の小さな釣り合い梁(第1軸と第2軸を結ぶ)の上部が車体を支える側受部分です。


Back Next