正面扉

 EF15の正面扉は製造時からのものとFRP製に交換したものとがあり、前者についてはその窓の形状にいくつかあり、大別すると

1.窓が標準形よりも縦に長く開閉式(福米改造タイプは固定)で木製の内枠が見えるもの(1次形) 分類A
2.窓が固定式で窓上部のみRがついたもの(2次形・3次形・日立4次〜12次形) 分類B
3.窓が固定式で窓四隅にRがついたもの(4次形〜・日立13次〜) 分類C

となります。また、日立製2次形の9,10,11号機は1次形同様の大きな窓で9号機のみ四隅にRが付いたタイプ、同じく日立製3次形の12,13号機については四隅にRがありながら幅広の独特の形状となっています。

 1次形

分類A:開閉式窓 分類A’:固定改造

 2次形以降

分類B(撮影:二児の父さん) 分類C 分類D:FRP製扉(撮影:ohnoさん)
 
変形(9号機)
(撮影:タケチャンマンさん)
変形(10,11号機)
(撮影:EF5853さん)
変形(12,13号機)